アカメ 釣り入門タイトル4.JPG
カサゴ 釣り入門 へようこそ!
一緒にカサゴ釣りを始めませんか?


2014年01月07日

カサゴ釣りのメタルジグのでの釣り方

DSCF4195.JPG

さあ、さっそくメタルジグでカサゴを狙ってみましょう。
水深が2〜5m程度であれば、数グラム〜18g程度が扱いやすい。

10〜15mで28gくらいか?

20〜40mで40gくらい?

そんなに深い岸壁があるのか?
あるんですよ、これが。

なので、目安として記しておきます。

ま、通常は港湾部でも10mくらいまででしょうか?
とすれば、40gなんて不要か・・・

そして、ラインはPEラインを使いましょう。
着底を敏感に感じ取れないと釣りになりません。

では、狙い方を説明しましょう。
しゃくって、落とすだけです。

スローにね。

イメージは、着底後、ゆっくり持ち上げて、ゆっくり下ろす。
持ち上げる時に少し反射させるがごとくクイクイしよう。

下ろす時は、テンションかけながらソロソロ下ろす感じです。
底に触れたら、即リフト。

決して、障害物っぽい中で送り込んではいけません。
根掛かりの元です。

メタルジグを下ろしている時に当たりが出ます。
下から飛びついてきます。

DSCF4176.jpg

そして着底後、即リフト・・の瞬間に”ゴクッ!”っとHITします。
着底直前に喰うんでしょうね。

DSCF5078.JPG

操作自体は単純です。
自分でアレンジを加えていくと良いでしょう。

この釣りは、メタルジグを移動させながらの釣りです。
イメージは岸壁。

一つは足元を探りつつ横移動。

もう一つは、キャストして手前に探って来る釣り。

岸壁の横移動の場合、底だけではなく岸壁の側面にカサゴがいる場合も多いです。

だから、極力リフトしてからフォールしよう。

そして、キャストして手前に探る場合。
水深のある場所が向きます。

ラインの角度が海底に対して鋭角になるような釣りには向きません。
根掛かり多発。

この角度が大きくなるシーンが水深のある場所です。
その水深によって、ラインへの水の抵抗も加わり、重いジグでもスローなフォールを容易にします。

やはりこの釣りの優位性は水深のある場所を手返し良く釣れる所でしょう。

posted by ラテスJP at 12:41| カサゴ釣りのメタルジグのでの釣り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。