アカメ 釣り入門タイトル4.JPG
カサゴ 釣り入門 へようこそ!
一緒にカサゴ釣りを始めませんか?


2014年01月12日

カサゴ釣りの仕掛け

カサゴ 釣り入門 (12).jpg

思い切りシンプルにいきましょう。

道糸→オモリ→スナップ付きサルカン→ハリス→釣針
こんな感じ?でしょうか?

後は、どの位のサイズを使い、どんな工夫をするか。
これだけ。

1.オモリ
 オモリはここでは中通しオモリを使いましょう。
 丸型やナツメ型等ありますが、個人的にナツメ型をお勧
 めしておきます。
 号数は水深や潮流によって決めます。
 使い勝手の範囲内で、極力軽いものが良いです。
 魚も釣れるし、根掛かりも軽減できます。
 潮流のゆるい場所で、水深5〜6mならば2号くらいかな。

2.スナップ付きサルカン
 ぶっちゃけ何でもOK。
 カサゴ釣りでは、大きかろうが小さかろうが釣果に影響
 なしです。破壊されることも無いでしょう。
 .スナップ付きサルカンを使うのは、針の交換が簡単だか
 らです。
 ハリスをチチワにして、スナップで止める。
 これだけ。

3.ハリス
 フロロカーボンでもナイロンも何でもOK。問題なし。
 号数は3〜4号くらい。使用中にキズとか入って強度低下
 するから、細いハリスはNG。
 長さは極限まで短くてOK。
 物理的に可能であれば、1cmとかでも問題なし。

4.釣針
 これまた何でもOK。
 少々大きな針でもOK。チヌ針の7号とか、丸セイゴの18
 号とか?ただ、針が大きくなると根掛りのリスクが大きく
 なります。
 まあ、エサが付けにくいとか無ければ手持ちの針を適当
 に使用しましょう。
 中古ショップに行くと、大き目の針は需要が少ないのか
 格安で販売されている場合があります。
 糸付きの針でも問題なし。太目のハリスの物をチョイス
 しましょう。

5.その他
 海のルアーフィッシングの考えの中にショックリーダー
 というの物があります。
 道糸の先に太いラインを結び、スレ等で切れる危険を
 回避するものです。
 カサゴ釣りに取り入れると仕掛け切れを少しでも防止
 できます。

ちなみに、針数を増やした仕掛けは根掛りのもと。
1つの針に魚が掛かったにも関わらず、他の針が根掛り・
なんつー事もある。かなすい。
posted by ラテスJP at 12:21| カサゴ釣りの仕掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。