アカメ 釣り入門タイトル4.JPG
カサゴ 釣り入門 へようこそ!
一緒にカサゴ釣りを始めませんか?


2014年01月15日

カサゴとは

カサゴ 釣り入門 (9).jpg

カサゴ目フサカサゴ科カサゴ属の魚です。
北海道南部以南の全国各地に生息しています。

親しみのある魚なのか、地方名も複数あります。
ガシラ、ホゴ、アラカブが主かな?

カサゴは卵胎生という繁殖方法で、産卵はしません。
卵胎生とは、自分のお腹の中である程度成長させてから
生み出す方法。

カサゴは成長が遅く、一部の資料ではおおよそ20cmにな
るまでに8〜9年かかるという記述もあります。

毎日安定してエサをもらえる養殖環境下でも、7〜8か月
飼育で10cmに届きません。
8〜9cmくらいから成長が鈍化します。

無論、水温やエサ等の環境によって成長は変わってくると
思われます。

また、定着性が強くあまり広範囲の移動はしません。

狭いエリアで多くを釣ると釣り荒れるという話は上記のよ
うに、成長が遅くかつ、広範囲な移動をしない生態から来
ています。

季節の変化による移動があったとしても、その範囲は1km
程度と言われています。

ところで、一般的に水深の浅い場所のカサゴの体色は黒
っぽく、深い場所のカサゴは赤っぽいと言われています。
しかし、黒っぽいと言っても真っ黒になる訳も無く、ややくす
んだ色になるくらいでしょう。深場のカサゴは濃い感じの赤
になります。

カサゴ 釣り入門 (11).jpg カサゴ 釣り入門 (19).jpg

ちなみに、プールのような水色掛かった水槽でカサゴを飼
うと、薄い褐色になります。体の色を合わせられないんでし
ょうね。

沿岸で釣りをしていると、ムラゾイという体色以外カサゴそっ
くりなさかな釣れる事魚があります。
これは、カサゴではありませんが混同している人も多いで
す。(私も小さい頃は知識が無く、カサゴと思ってました)

カサゴ 釣り入門 (1).jpg

あと、カサゴの背鰭のトゲなんですが、毒があるとか無い
とか、いい加減な記述が多い。

ここでは、個人的な経験を記します。
以前、魚の種苗生産に関わっておりまして、カサゴも種苗
放流事業用に育てていました。
サイズを一定に合わせる為に選別作業を行うのですが、
なんと、手作業!片手にカウンターを持ちながら、大小を
振り分けていきます。密集したカサゴの稚魚の中に手を
突っ込んで、取り出す訳です。
で、時に刺さります・・・背鰭が・・・
そして、稀に激痛。これは、物理的な痛み以上。

結論、個体差はあるが毒を持っている。
刺されて、結構な痛みを感じた場合は温めて下さい。
冷やしても効きません。

ちょっと見た資料中には「出来るだけ熱いお湯(45℃以上)
に30〜90分浸す。」とありました。
注意しましょう。
posted by ラテスJP at 10:34| カサゴとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。